トップページ

C-Finance,com

キャッシングの考え方

皆さんは『キャッシング』というものに対してどのような考え方を持っていますか?

人それぞれいろいろな考え方があるかと思います。もちろん上記3つだけでなく、キャッシングに対する考え方はまだまだ多くあるでしょう。

それでは、キャッシングに対する考えをもっと詳しく、わかりやすく例を出しながら述べていきます。
キャッシングというのは、社会生活を送る上で共闘していくべき存在だと思っています。

例えば薬です。人は風邪やその他体調不良(下痢や二日酔いなど)で苦しい時、薬を飲んで症状を抑えようとします。
しかし、薬というものは例えどんなものでも必ず副作用があり、加えて、多少なりとも肝臓にダメージを与えていくのです。市販の薬だろうと、医者からもらう薬だろうと、そのダメージは抜けることなく延々と蓄積されていきます。
それをわかっていても、医者は薬を出します。なぜなら、その局面を乗り切る為にはやむを得ないことなのです。しかし、体にダメージを与えるからといって、決して「薬=悪」にはならないですよね?
薬は、「病気」という敵と闘うために共闘すべき存在なのだからです。

どうでしょうか?
キャッシングに非常によく似ていると思いませんか?
何かとトラブルの多い「社会生活」という敵に対して、「キャッシング」というアイテムを利用するか。そこには、いろいろな考えがあっていいのです。すぐに薬を使う人もいれば、なるべくなら薬は飲まない方がいい、と言ってギリギリまで飲まない人もいます。
キャッシングもそうなのです。キャッシングをすぐに利用する人もいれば、ギリギリまで利用しない人もいます。
ただし、薬の飲みすぎは危険です。キャッシングの場合だと、借りすぎは危険なのと同じです。中には即現金化できるサービスもありますが、クレジットカード現金化は、慎重に行わなければいけないということです。クレジットカード現金化のメリット、デメリットをしっかり調べて活用しましょう。

もう一つ例を出すと、「受験」です。普通は、学校での授業や書店で売っている参考書だけあれば、充分に試験に合格できるはずです。
しかし、皆競うようにして塾へ通っています。これも「受験」という敵に向かって、「塾」という存在と共闘しているのです。
しかし、近くに塾がないかもしれません。また、その家庭が、塾に通えるような経済環境でないかもしれません。
そういう場合は、自力で切り抜けるしかないのです。
キャッシングも同様で、借りたくなければ生活費を削るなりたばこ・酒などの嗜好品をやめるなりして、自力で頑張るしかないのです。

しかし、この二つの例とキャッシングでは、決定的に違う点があります。それは、「キャッシングは周囲の人も巻き込んでしまう場合がある」という点です。
薬にしろ塾にしろ、利用しようがしまいが他人に迷惑をかけることはほとんどありませんが、キャッシングの場合は違うのです。
何か予想外のトラブルに発展してしまった場合、少なくとも家族には迷惑をかけてしまう恐れがあります。

これを肝に銘じ、利用する場合には慎重に冷静にキャッシングと付き合うことが大切です。
逆に、キャッシングに自信がない人は手を出さないことですね。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカードのショッピング枠を現金化して貰うことです。急に現金が必要になったときなどに便利です。


pickup

vapeの通販なら

軽井沢 土地

マンション リノベーションを京都で行う

Last update:2017/12/6

ページのトップへ
copyright